×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

・コーヒーの焙煎

 

精製された生のコーヒー豆は次に焙煎されて、初めて実際に我々が口にするコーヒーの香りと味を生み出す。多くの場合、この工程は消費国でなされ、ロースターと呼ばれる大手のコーヒー豆卸業者が行うほか、コーヒー豆小売りを行う販売店や喫茶店などで自家焙煎される。特に難しい技術ではなく家庭で生の豆から焙煎することも可能であり、近年は生の豆の小売も多く見られる。

 

家庭ではフライパンや焙烙、ギンナン煎りに用いる金属製の手網などで焙煎することがあるが、多くは焙煎機(コーヒーロースター)と呼ばれる専用の機械で行われる。これらの焙煎方法は加熱原理と熱源の違いによって以下のように分類される。

 

1. 直火焙煎
2. 熱風焙煎
3. 遠赤外線焙煎
4. マイクロ波焙煎
5. 過熱水蒸気焙煎(日本独自)

 

上記が同時に進行するような焙煎方法もある。

 

1. 半直火焙煎・・・熱風焙煎と直火焙煎
2. 炭火焙煎(日本独自)・・・熱風焙煎と遠赤外線焙煎
3. セラミック焙煎(日本独自)・・・直火焙煎と遠赤外線焙煎

 

コーヒーが焙煎されるとき豆の温度は約200℃程度まで到達する。一般的な焙煎方法ではおよそ10-20分程度の加熱時間を必要とする。

焙煎の度合いのことを焙煎度といい、焙煎度の低いものを浅煎り、高いものを深煎りと呼ぶ。浅煎りされたコーヒー豆は薄い褐色で、深煎りへと進行するにつれて黒褐色へと変化し表面に油がにじみ出てくる。浅煎りと深煎りの中間にあたるものを中煎りと呼ぶこともあるが、これらは相対的な呼び名であって明確に定められているものではなく、販売店舗などによっても異なる。また、日本では以下の8段階(浅煎り→深煎りの順)の焙煎度を用いる場合もある。

 

トップページへ戻る

(c)コーヒー缶